姫路市で日本唯一の天然坑道ラドン浴ができる施設「富栖の里」
天然のラドン浴でホルミシス体験!富栖の里へお問い合わせ0790664750

〒671-2415 兵庫県姫路市安富町皆河字大河550-139

がんの治療法

がんの三大治療

三大治療は①手術②薬物療法(抗がん剤治療)③放射線治療です。それぞれの治療法のメリットやデメリットをご紹介いたします。

①外科療法(手術)

手術で取り除けるがんは、早期がんから中程度進行(0~Ⅱ期)がんまでと比較的症状の軽いもので行います。しかし患者の年齢などによっては体力的に難しい場合もあります。外科療法は成功してがん病巣を切り取ることが出来れば、根本的な治療法でもあります。

②薬物療法(抗がん剤治療)

抗がん剤やホルモン剤、免疫賦活剤などの化学療法が、これに該当します。抗がん剤での治療はよく耳にする治療法ですが、部分的ではない、または手術では取り除く事が危険な箇所(不可能な箇所)にがんができている、がんが全身に転移してしまっているなど手術ができない場合に施されるのは治療法です。この方法で完治することのできるがんもありますが、多くは延命治療、痛みの緩和などで用いられます。しかし薬物療法(抗がん剤治療)は抗がん剤の副作用が多く、がんの悪い細胞だけでなく健康な組織にまで攻撃してしまいます。また薬は体を冷やし体内の臓器への多大なる影響もあります。脳腫瘍、黒色腫、腎がん、膵がん、肝がんにいたっては効果がほとんど期待できないとも言われています。

③放射線治療

放射線治療は大きく分け電磁波と粒子線の2種類に分けられます。電磁波とはX線、γ線(ガンマ線)など、粒子線は、原子を構成する粒子、電子、陽子、中性子などです。最近では放射線治療機器、放射線生物学やコンピューターが発達し、放射線治療は急速に進歩しています。放射線治療法の一つである重粒子線がん治療はエックス線やガンマ線などよりも効果が高いとされています。しかし治療はまだ粒子線臨床応用や研究が行われている段階であまり一般的ではなく、医療費もかなりの高額になっています。

最新のがんの治療

最新のがんの治療方法として免疫細胞療法という方法があります。この免疫細胞療法とは簡単に言うと、患者自身の免疫細胞を取出し、活性化させ洗浄・回収した後に患者さんの体内に戻してがん細胞を攻撃させる方法です。この治療の最大のメリットは副作用が少なく、たとえ抗がん剤など、他の治療を同時期に行っていても、その効果を阻害することなく、むしろ効果が増すということも期待されています。しかしこの治療法もまだ一般的ではなく、1クールで400万円という高額な医療費となっています。またこの治療は、がんの初期段階でがん細胞がまだ少ない段階、手術で腫瘍を切除した後の再発・転移予防に力を発揮しやすいと言われています。

ラドン浴でもたらされる様々な効果・効能

ラドン浴でホルミシス効果をうけると体の浄化作用、免疫機能などがアップしがん、糖尿病、リウマチ、アトピー、ぜんそくなど様々な病気の改善・緩和になることがわかっています。